プロが解説!ホームページ制作時に意識しておきたいテクニカルSEO

ITコンサルタントによる無料相談

Liberta Structure での座右の銘は「お客様の抱える課題を解決すること」です。

お気軽にご相談ください。

\ご相談承ります/

目次

テクニカルSEOとは

テクニカルSEOとは、Webサイトの技術的な側面に焦点を当てたSEOの手法です。

主に、Webサイトの構造やコーディング、サイトのパフォーマンスなどを最適化することを目的としております。

具体的な施策としては、サイトのクロール性能の向上、ページの読み込み速度の改善、HTMLタグの最適化、構造化データの導入などが挙げられます。

テクニカルSEOは、検索エンジンがWebサイトを正しく理解し、Googleのクローラーが最適とする施策を行うことで、検索エンジン結果ページでのランキングを向上させることができます。

テクニカルSEOとコンテンツSEOの違い

コンテンツSEOは、Webサイトのコンテンツに焦点を当てています。

これは、ユーザーに有益な情報を提供し、検索クエリに対する関連性を高めることを目的としております。

コンテンツSEOの戦略には、キーワードリサーチ、適切なコンテンツの作成、タイトルタグやメタディスクリプションの最適化、内部リンクの構築などが含まれています。これらの戦略は検索エンジンのランキングを向上させるだけでなく、ユーザーのニーズに応える高品質なコンテンツを提供することに繋がります。

上記のことから、テクニカルSEOはサイトの技術的な側面を最適化し、検索エンジンがWebサイトを理解しやすくすることを目的としています。一方で、コンテンツSEOはユーザーに有益な情報を提供し、検索エンジンの検索結果でのランキング向上を図ることを目的としています。

両方の側面を適切に組み合わせることで、ホームページのSEO効果を最大化にすることができます。  

新規サイトを制作する際にテクニカルSEOを実施するメリット

新規サイトを制作する際にテクニカルSEOを同時に実施するメリットは以下の理由があります

  • 工数や時間の節約
  • 正しくサイトの構造でインデックス化が可能

次章ではメリットの理由について説明をするので、ぜひチェックしてみてください。

工数や時間の節約

新規サイトを制作する際にテクニカルSEOを実施することには、工数や時間、費用などを節約できるという重要なメリットがあります。

ホームページ制作する段階でテクニカルSEOを同時に実施することで、修正や改善にかかる工数や時間を大幅に削減できます。 また、費用も抑えることができるので効率的なSEO施策を展開することができます。

例えば、サイト制作が完了後にSEO対策を行うと、サイト内の構造やURL設計、コンテンツの最適化などが不十分だったり、検索エンジンにとって理解しにくい状態だったりすると手戻りが発生する可能性があります。

その結果、サイトのリリース後に調整や修正が必要となり、多くの時間と労力が必要となります。また、必然と費用もかさんでしまいとても非効率です。

しかし、制作段階でテクニカルSEOを徹底的に施すことで、後々の手戻りを大幅に減らすことができます。

こうしたことから、新規サイトを制作する際には、テクニカルSEOを実施することで工数や時間を節約し、より効果的なSEO対策を展開することをおすすめします。

制作段階でのテクニカルSEOの施策は、サイトの完成度や品質を高めるだけでなく、将来的な運用やメンテナンスの負担も軽減させる重要な要素です。  

正しくサイトの構造でインデックス化が可能

新規サイトを制作する際にテクニカルSEOを実施することには、クローラーに正しくサイトの構造でインデックス登録をさせるという重要なメリットがあります。

例えば、検索エンジンが新しいサイトをクロールしてインデックス登録する際に、不適切なサイトでインデックス登録されたとします。その後に、SEO対策でサイトをリニューアルしたとしても、クロールでインデックスに再登録するには時間がかかります。

クローラーに新しいサイトを登録して貰うのはもちろんのことですが、リニューアル前のサイトをクローラーにインデックスから削除して貰う依頼をする必要があります。 過去のサイトをインデックスから削除し、正しくサイトの構造でインデックス化するのに時間が相当かかります。

また、サイトのHTMLタグが適切であり、クローラーが正しくサイトの構造を理解できると、サイトのコンテンツを素早くインデックス化してくれます。

これにより、新規サイトは早い段階でトラフィックを獲得することができます。 こうしたことから、新規サイトを制作する際には、テクニカルSEOの実施が不可欠です。

サイト制作後にマーケティング戦略での集客や広告宣伝などをすると思います。制作段階で正しくサイトの構造でインデックス化にすることで、マーケティング戦略を開始させることが可能になるので重要な要素となります。  

既存サイトにテクニカルSEOを施策する際の注意点

既存サイトにテクニカルSEOを施策する際の注意点は以下の通りです。

  • 現状の分析
  • 優先順位の設定
  • 利用ユーザーへの配慮
  • 定期的にモニタリング

次章では各注意点について説明をするので、ぜひチェックしてみてください。

現状の分析

テクニカルSEOを既存サイトに施策する際には、現状の分析が重要です。

現状の分析を行うことで、サイトの強みや課題を把握し、適切な施策計画を立てることが可能となります。

現状の分析を行う際には、以下のような点に注目します。

・サイトのインデックス状況

検索エンジンにインデックスされているページ数やインデックスされていないページの確認

・現在のサイト構成

サイト構成がどのようになっているのかを確認

・ページ速度

各ページの読み込み速度を測定し、遅いページがないかを確認

・モバイルフレンドリー性

モバイルデバイスでの表示が適切かどうかを確認

上記に記載した観点で、現状の分析を実施することは必要不可欠です。

現状の分析を通じて、サイトの強みや課題を把握し、効果的な施策を立てることが重要です。

優先順位の設定

既存サイトにテクニカルSEOを導入する際には、優先順位を設定することが重要です。

すべてのテクニカルSEOの施策を一度に実行するのではなく、優先度の高いものから順次取り組むことで、効果を計測しながら施策を行うことで、効果的な改善を行うことができます。

また、重要なポイントから着実に改善していくことで、成果が早く現れやすくなります。

例えば、サイトの読み込み速度が遅い場合とタイトルタグが適切でない場合、それぞれの改善ポイントの重要度を比較します。 もし、ユーザーの離脱率が高く、検索エンジンのランキングにも悪影響を与えているならば、読み込み速度の改善を優先することが適切です。

こうしたことから、効果的な改善を行うためには、リソースを最適に活用し、重要度の高いポイントから順に改善を進めていくことが重要です。

利用ユーザーへの配慮

テクニカルSEOを施策する際には、利用ユーザーの体験に配慮することが重要です。

サイトの利便性を向上させることで、ユーザー満足度を向上させることができるので、サイトの評価を高めることができます。利用ユーザーへの配慮は、ユーザー体験の向上だけでなく、検索エンジンの評価にも影響を与えます。ユーザーがサイトを使いやすく感じると、滞在時間が増え、リピーターが増加します。

これにより、検索エンジンはサイトの価値を高く評価し、ランキングを向上させる可能性があります。

例えば、モバイルファーストのインデックス対応が重要です。

現在、モバイル版が主流となっているからこそモバイルフレンドリーなサイトであることは非常に重要です。

また、ナビゲーションの改善やページの読み込み速度の向上など、利用ユーザーがストレスなくサイトを利用できるような工夫も重要です。

こうしたことから、利用ユーザーへの配慮が必要不可欠です。 ユーザーがサイトを使いやすく感じることは、検索エンジンの評価にも直結します。

モバイルフレンドリーなサイトであることや、ナビゲーションの改善など、利用ユーザーの体験を向上させる施策を積極的に取り入れることが重要です。

定期的にモニタリング

テクニカルSEOを施策した後も、定期的なモニタリングが必要不可欠です。

サイトの状況や検索エンジンのアルゴリズムの変化に迅速に対応し、サイトの最適化を継続することが重要です。

モニタリングをすることで、サイトのトラフィックや検索エンジンのクローリング状況を把握することができます。

また、検索エンジンのアルゴリズムは定期的に変更されるため、それに適応するための施策を講じることが必要です。

定期的なモニタリングの一例として、Google Search Consoleの活用が挙げられます。

このツールを使用することで、サイトの検索のパフォーマンスやインデックス状況の把握など、必要に応じて対策を行うことができます。

また、Google Analyticsを用いることでトラフィックの変化をモニタリングし、テクニカルSEO対策として実施した施策についても評価することできます。

こうしたことから、定期的なモニタリングは欠かせません。

サイトの状況や検索エンジンのアルゴリズムの変化に対しては迅速な対応を行い、最適化を継続することが成功のカギとなります。

Google Search ConsoleやGoogle Analyticsなどのツールを活用し、安定したサイト運用を行いましょう。  

ITコンサルタントによる無料相談

Liberta Structure での座右の銘は「お客様の抱える課題を解決すること」です。

お気軽にご相談ください。

\ご相談承ります/

最初に実施すべきテクニカルSEOの施策

テクニカルSEO対策として、重要な施策は2種類あります。

それは以下の通りです。

  • インデックスへの対策
  • クローラーへの対策

次章では各対策について説明をするので、ぜひチェックしてみてください。

インデックスへの対策

インデックスとは、Webページのデータベースのようなものです。

検索エンジンは、Web上の情報を自動的に収集し、その情報をインデックスに保存します。

Webページを公開してから検索結果で表示されるまでの流れを解説します。

1. Web上の情報を収集

検索エンジンのクローラーと呼ばれるプログラムがWeb上のページを巡回しリンクをたどって情報を収集する

2. インデックスに登録

収集された情報をインデックスに登録される

3. 検索結果の表示

ユーザーが検索エンジンを使って検索を行った際、検索クエリに対して関連性が高いと判断されたサイトを検索結果として表示させる

ざっくりとした解説にはなりますが、大まかな流れは上記の通りです。

したがって、Webの所有者や運営者は、自社のWebページが検索エンジンのインデックスに含まれるようにするために、対策を行う必要があります。

具体的な施策

インデックスに対する施策で最初に取り組むべき施策は4つあります

以下の通りです。

  1. XMLサイトマップの設置
  2. クローラーに適した構造
  3. メタタグの最適化
  4. robots.txtファイルの設定

次章では各施策について説明をするので、ぜひチェックしてみてください。

1. XMLサイトマップの設置

XMLサイトマップとは簡単に言いますと地図みたいなモノです。

人は新しいところに行く際は必ず地図を見ると思います。

もし、地図がないと道に迷ってしまい目的地まで行くのに時間がかかったり、お店などを見つけられなかったりすると思います。

クローラーも同じで「XMLサイトマップ」と言う地図があるとインデックス登録もスムーズに行えますが、無いとインデックス登録に抜け漏れがある可能性もあります。

こうしたことから、XMLサイトマップは必ず設置しましょう。

2. クローラーに適した構造

Webページの構造がクローラーにとって理解しやすくすることが重要です。

リンクの階層構造や内部リンクの最適化などを作ることで、検索エンジンがページを正しく理解し、インデックスに含めやすくなります。

リンクの階層構造については以下のリンクは悪い例となります。

  • ユーザーがクリックしても存在しないページにつながる
  • リンクテキストが適切なキーワードや説明に関連していない
  • ページ内のリンクが適切な階層構造を持たず無造作にリンクが貼られている

こうしたリンクがあるとインデックス登録ができない可能性があるので、適切なリンクが貼られているかを確認する必要があります。

3. メタタグの最適化

タイトルタグやメタディスクリプションなどのメタタグを適切に設定する必要があります。

タグを設定することで検索エンジンにページの内容を正しく理解させることができます。

悪い例を挙げますと、 タイトルタグのルールとしてH1タグは1ページに1つしか設置できないと言うルールになっていますが、1ページにH1タグを2つ設置してしまうとクローラーがH1タグを正確に読み取ってインデックスに登録してくれない可能性もあります。

こうしたことから、タイトルタグやメタディスクリプションはルールがあるので必ず守るようにする必要があります。

4. robots.txtファイルの設定

robots.txtファイルとはWebサイトのファイル(ページやディレクトリ)などの内容を認識するクローラーに対して、こちらの意図した通りに動作をコントロールするのに記述するテキストファイルのことです。

検索エンジンのクローラーが特定のページやディレクトリにアクセスしないように指示することができます。

必要なページがインデックスされるように、適切にロボット.txtファイルを設定しましょう  

クローラーへの対策

クローラーとは、検索エンジンがWeb上の情報を収集するための特別なプログラム(仕組み)のことです。

このプログラムは、インターネット上に存在する膨大な量のWebページを自動的に訪問してその内容を読み取ります。

そして、そのWebページをインデックス(索引付け)させてからデータベースに登録を行います。

その後、ユーザーの検索クエリに最も関連性の高いページをデータベースの中から選別を行います。

その際に、インデックスに登録されていないページは表示されないのでインデックス登録は重要となります。

クローラーは、定期的にWeb上の新しいページを発見したり、変更されたページを再訪問ししたりすることで情報を取得し、最新情報をデータベースに登録を行います。

これにより、検索エンジンが最新の情報をユーザーに提供することができます。

具体的な施策

クローラーに対する施策で最初に取り組むべき施策は5つあります

以下の通りです。

  1. シンプルなURL
  2. 重複ページを無くす
  3. 被リンクを増やす
  4. 画像やCSS、JavaScriptといったファイルを圧縮もしくは軽量化
  5. サーバーの最適化

次章では各施策について説明をするので、ぜひチェックしてみてください。

1. シンプルなURL

Webページを検索した際にURLが「https://〇〇.com/%a231fbcugq7e1oj30ucihuady81」と言う感じのサイトを見たことがあるかも知れません。

この「%a231fbcugq7e1oj30ucihuady81」は一体何のかというと、本来は「https://〇〇.com/健康の秘訣」と言う感じで日本語が入っていました。

URLを決定する際は日本語でも可能なのですが、実際にWebで検索して確認すると日本語では表示されず、文字化け見たいな現象が起きます。

ユーザーや検索エンジンを考慮した簡潔したURLにする必要があります。「https://〇〇.com/健康の秘訣」であれば「https://〇〇.com/health-secret」といった感じにするとクローラビリティの改善に繋がるでしょう。

2. 重複ページを無くす

同じコンテンツ内容のページもしくはブログ記事があるとします。

これはユーザーからすると「また同じ内容かよと」と思い、ストレスを感じかと思います。 Googleとして本来の目的とは意図していない結果となります。

したがって、Googleは同じコンテンツ内容のページもしくはブログ記事に対しては評価点を分散させるような仕組みをとっています。 そうすると、ブログ記事Aは本来ならば100点を貰うことができていたとします。

ですが、同じコンテンツ内容のブログ記事Bを書いてしまったことで、ブログ記事Aの評価点が50点、ブログ記事Bの評価点が50点となります。 SEO対策として最悪の結果になるので、重複ページが存在する場合は必ず消すようにしましょう。

もし、ブログ記事を消すことに躊躇してしまうのであればHTMLに「canonicalタグ」もしくは「alternateタグ」をつけてURL正規化をすることで重複ページを回避するようにしましょう  

3. 被リンクを増やす

「被リンクを増やす」と言うのは外部サイトから自身のホームページへリンクして貰うということです。

リンクされていればそれだけで信頼性があるサイトであるということになります。

ですが、闇雲にリンクを増やせばいいと言うことではあります。 クロールもリンクをしている元のサイトが質の高いページかを巡回します。

したがって、質の悪いページだったり、Google評価の低いサイトだったりした場合は、リンク先のサイトの評価点にあまり加算されません。

つまり、被リンクをただ増やすのではなく、質の良いサイトや評価点の高いサイトからリンクして貰えることがとても重要です。

4. 画像やCSS、JavaScriptといったファイルを圧縮もしくは軽量化

Webページの表示速度は重要です。

Googleはユーザーがストレスのないサイトを提供することを目的にしています。

もし、ユーザーのあなたが表示速度の遅いサイトを開こうとして、なかなか開かなかった場合どうするでしょうか。

それは、もちろん違うページを開こうとするはずです。 このような、サイトはストレスを感じでしまいます。 Googleとして本来の目的とは意図していない結果となります。

したがって、表示速度は重要となります。

では、表示速度に関係してくる部分は主に画像やCSS、JavaScriptなどのファイルです。 高画質な画像をWebサイト上で表示させてしまうとWebを表示するのに時間がかかってしまします。

また、デザインやアニメーションを沢山入れたWebサイトにしてしまうと、必然的にCSS、JavaScriptなどのファイルの容量が多くなります。

したがって、これらはWebサイトの表示速度を遅くする要因にもなりますのでなるべく軽量化するようにしましょう。

5. サーバーの最適化

ディスクやメモリの容量増加、CPU性能の向上、負荷分散、PHPやデータベースのバージョン最新化などの改善方法を実施することです。

上記に記載した改善を行うことで、負荷が減って、サーバーの応答速度が上がりやすくなるので重要な施策となります。

引用サイト

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]: Googlebot のクロール バジェットとは?

まとめ

ホームページ制作時に意識しておきたいテクニカルSEOの手法について解説をしました。

上記で記載したテクニカルSEOの内容はほんの一部になります。

SEO対策をする上で最初にやるべきことであり、テクニカルSEOの初心者でも間違えなく行える手法ですのでぜひ確認してみてください。

また、依頼受けて既存サイトへのSEO対策を行う際は必ず依頼者に施策するSEOの内容とその効果、そして起こる影響範囲などをしっかり説明することを徹底しましょう。

例えば、重複した記事のコンテンツがあるかと言って依頼主に説明をせずに、重複した記事のコンテンツの削除をしてはいけません。 なぜ削除の必要があるのかを説明した上で、依頼主が納得のいく手法を取る必要がございます。

なので、その辺をしっかり意識しましょう。

Liberta Structure ではSEO対策のコンサルティングやホームページ制作の依頼も承っておりますが、目的は「お客様の抱える課題を解決すること」なので、Liberta Structure依頼されなくても構いません。

お客様の抱える課題を解決するご支援をさせて頂けたらと思っておりますのでご相談には乗らせていただきます。ご気軽にご連絡ください。

ITコンサルタントによる無料相談

Liberta Structure での座右の銘は「お客様の抱える課題を解決すること」です。

お気軽にご相談ください。

\ご相談承ります/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次